揺れを観察して
建物の健康状態を見極める

守 研二 助教
MORI Kenji

揺れを観察して建物の健康状態を見極める

私達が生活の中で利用している建物には色々な構造(木造・鉄骨・鉄筋コンクリートなど)があり、敷地の性質(盛り土・切土・沖積層・洪積層など)と深い関わりを持っています。よって、同一地盤上に建つ建物でも地震時の揺れが強く感じたり弱く感じたりします。また、建物は地盤の周期と同調すると「共振(きょうしん)」という状態になり、建物はより大きく揺すられて地震時には大きな被害に繋がります。建物を振動測定で分析してみると、それぞれの建物の揺れ方の違いがわかります。建物は経年変化や地震経験などにより剛性(かたさ)が低下してきます。建物の揺れを定期的に観察して健康状態を見極める方法として「常時微動測定による建物剛性の推定手法」(開発:阿部良洋東北工業大学名誉教授)があります。これは、常時微動測定を聴診器的に用い建物の耐震性能の診断を行うとともに、耐震補強工事の信頼度や地震による被災度のチェックなどにも利用出来るものです。この手法を継承し利便性を高めるため、測定・解析手法の簡素化及び地震観測についての研究をしています。