大事なのは、知りたいと
思う気持ちの強さ

大沼 正昭 教授
OHNUMA Masaaki

これまでの構造の弱点を調べ上げ、耐震性能を改善

地震に強い建築の構造について研究しています。大きな地震が起こると建物が壊れ、人々の生命や生活を脅かす脅威となります。地震の多い日本の建物は地震に強いとよく言われてきましたが、現実には、地震で多くの建物が壊れているのです。鉄筋コンクリート造や鉄骨造や木造など様々な構造の建物が地震によって被害を受けることがあります。大きな地震でも壊れないもっと安全な建物にすることが必要です。そこで、既に建っている建物の耐震性能を合理的に補強する方法や耐震改修後の建物の地震に対する振動性状などの耐震性能について研究しています。これまでの構造の弱点を調べ上げ、改善を図る方法を検討します。コンピュータによる立体振動解析や弾塑性解析等と構造実験を通して、これまでの技術をもう一度見直し、改めるべきところがあれば改めることで、建物構造の耐震性能をさらに改善することを目指しています。鉄筋コンクリート造や木造など様々な構造を研究対象に耐震性能の改善と向上のための研究に取り組んでいます。

大沼先生が建築の道を志したきっかけは何ですか。

「もともと、父親が建築設計の仕事をしていたので、建築の大変さも面白さも小さいころからある程度知っていました。新しい建物が出来上がるときのわくわくするような思いは、ほかの仕事ではなかなか味わえないと感じていましたし、人びとに信頼され相談される中で、より良い提案を示し実現していく充実感のようなものを感じていましたね。もちろんすんなりと建築の道を選択したわけでもなく、受験期には当時最先端であるコンピュータ関係の分野に進むか、建築の道に進むか進路を迷った時期もありました。しかし、知人や親戚の家の設計を手伝った時から、実際の建築設計から施工の仕事の様子などを通して『自分が設計にかかわることで、もっと良い建物ができるのではないか?』と考えるようになり自然に建築の道に進んでいました。大学生になる以前から既に建築設計の世界で育ってきたということでしょうか」

先生の、今進められている研究内容は何ですか、なぜその分野に進もうと思ったのですか。

「建築の耐震構造について研究しています。大きな地震が起こると建物が壊れ人々の生命や生活を脅かす脅威となります。地震の多い日本の建物は地震に強いとよく言われてきましたが、現実には、地震で多くの建物が壊れているのです。鉄筋コンクリート造や鉄骨造や木造など様々な構造の建物を地震に対して、もっと安全な建物にすることが必要です。既に建っている建物の耐震性能を合理的に補強する方法や、耐震改修後の性能などについて研究しています。もともとは自分の考えた建築設計を実現するには構造技術の知識が不可欠なものであるから、まず、構造の知識を得ようとこの分野に進んだのが始まりです。ところが構造を勉強していると、次第に日本の建物の耐震設計が十分ではないことが分かり始め、もっと勉強しなければいけないと感じました。それから間もなく1978年の宮城県沖地震が起こり、被害を目の当たりにし、被災建物の補強設計などを通して、自分の考えてきたことの方向性は間違いではないと考えるようになりました」

先生は大きな地震が起きたら被災現場へ調査に行きますか。

「もちろん行きます。被害の概要を早期に把握し、学術的な本格的調査の必要性の有無等を判断するために初動調査にでます。建物の被害については、建築構造の専門家でないと判断できないことが数多くありますので、地域にいる専門家の一人として、地震発生直後に初動調査に入るようにしています。時間が経つほど後片付けが進み、状況が変わってしまうので、できるだけ速やかに現地入りするようにしています。他の先生や大学院生とチームを組んで行くこともありますし、単独で初動調査することも多いです。被災現場は危険が伴うこともあるので学生の引率はあまりしませんが、危険が少ないと判断した場合は連れて行くこともあります。また、現地では専門知識がない多くの人から相談を受けることもあるので、避難所の安全確認や建物の危険度の判断などその都度アドバイスを行っています。調査の範囲は、東北6県はもちろん、国内であればどこであれ、できるだけ調査に行くようにしています。大きな地震災害が起きると、講義や公務を調整し調査のための時間を作るのが大変です」

学生時代にやっておいた方がいいことは。

「友人と一緒に何かをやること、共通体験を持つことです。大学を卒業してから何年か経って過去を振り返ると、『あの頃はよかった』と思い出すことが多い、と多くの卒業生が言います。私も学生の頃には気づかない普通の出来事でも、ふとした時に学生時代の楽しかった事をあれこれ思い出してしまいます。特に、学生時代の思い出といえば、家が設計事務所だったためその手伝いをしていて忙しく、手伝いの仕事から逃げるように学校に来て授業を受けていた記憶があります。新しい建築作品や建築技術について友人達と語り合うのが楽しかったですね。それでも時間をつくってはドライブに行ったりしていました。もちろん、卒業後にもいろいろな人と出会いますが、学生時代の頃の思い出に勝るものはありません。良い思い出をたくさん残すためにも、友人達と色々なことに挑戦して欲しいと思います。」

研究室の学生とは出かけたりすることはありますか。

「以前は、春は花見、秋はいも煮会、冬はスキーと決まっていたのですが、いつの頃からか学生たちがバイトに忙しく迷惑そうな顔をするようになったきたので、最近は時々飲み会をするくらいになりました。もちろん、技術研究のために建築見学に行ったりはしますよ、建築も日進月歩で新しい技術がどんどん出てきていますから、学生諸君にも実際に見せたいということがあって、関係する技術分野に関する見学などに学生を連れていくことはあります」

先生の趣味はなんですか。

「趣味と言えるのはカメラです。写真を撮るのも好きですし、カメラいじりをするのも好きです。小さい頃からカメラいじりをしていて、これは今でも続いています。写真の方は、草花を撮影しています。春は、毎年桜の写真を撮るためにあちこちと県外へ遠出をして桜に遊ばれています。カメラ以外だと車も好きです。以前から赤いスポーツカーに乗りたかったのですが、さすがに赤で通勤は…と思ってやめました。仕方なく、シルバーメタリックのスポーツ車にハンドルだけ赤いのを付け我慢していました。山歩きもします。本格的登山ではなくトレッキングですね。蔵王も泉ケ岳もお散歩してきます。多趣味と思われがちですが、確かに気の多い方ではあります。建築にしても設計だけとか、構造だけなど、一つのことだけしか知らないのは良くないと思っていますし、何でも知っていて困るということはないので、いろいろな雑誌を通して情報収集を楽しんでいます」

最後に学生に望むことは。

「少しでも良いので建築に興味を持ってほしいと思います。建築は考え方やつくり方によっていくらでも変化させることが出来ます。だから、『どうせ自分が関わってつくるなら、より良いものをつくりたい』と考えて下さい。それに建築に少しでも興味が持てれば、後は先生や先輩、友達が、専門の深い部分に引き込んでくれるので心配はいりません。大事なのは、学ぼうとする気持ち、知りたいという気持ちの強さだと思います。まずは、いろいろなことを知ることから始め、自分の知識が広がって初めて考えること判断することが可能になるのです。将来どのように世の中と関わっていくのか、という大きなテーマに悩む前に自分の知識を広げることから始めてほしいと思います」


インタビュー:田中 楓